本八幡の歯科・歯医者|イーストワン歯科本八幡

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.047-369-6639

弥生台マノア歯科

MENU

院長紹介

Doctor

ごあいさつ

院長 東 郁子 (あずま いくこ)です。

当院では私自身が受けたい家族にしたい医療と環境をご提供しております。

そして全体から局所を診る診療を行っております。

よく「銀歯とれたからつけて欲しい。またとれたらつけに来るから」という患者様がいらっしゃいます。

永遠にこれを繰り返すことはできません。とれた原因をつきとめ取れないような被せ物を作るのが治療だと考えます。歯科治療の最終目標は生まれ持った歯の形と白い色をした人工物をいれて他人に治療の痕を悟られずよく噛めて長持ちすることだと考えます。

患者様がはじめて来院され痛みなど緊急の処置を必要とする場合はまずそちらを優先して処置をし全体的な検査を行いお口の中の現状をご説明させていただきます。そしてこれからの患者様の治療のご要望やご意見を伺い治療計画をご提案し治療方法おおよその治療期間をご説明します。患者様のご不明点などがあれば解消しお互い納得の上で治療を始めていきます。患者様と同じゴールを目指して歯の寿命を延ばし快適な生活が送れるよう努力してまいりたいと思います。

 

経歴

平成6年 鶴見大学歯学部 卒業
平成7年 鶴見大学付属病院研修医 修了
都内の歯科医院勤務

所属学会/スタディグループ

IPSG包括歯科医療研究会/日本臨床歯科医学会/顎咬合学会

当院の強み

当院の強みは、ドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)です。

インプラントはしたくないけれど他の方法が見つからないと悩んでいらっしゃる方にお勧めしたいものです。ドイツ式入れ歯は正式にはテレスコープ義歯と呼ばれドイツで開発された技術です。残った歯への負担が少ない設計で歯に直接被せる内冠と入れ歯の本体、外冠から構成されています。

国内でテレスコープ義歯を作ることができる歯科技工士は大変少ないです。

当院ではテレスコープ義歯を作製する優れた技術をもつ信頼できる歯科技工士とともに仕事をしております。

歯科技工士の技術の差はドイツ式入れ歯をはじめ被せ物などのすべての人工物の寿命に大きく反映されます。

詳しくはテレスコープ義歯のページをご覧下さい。直接当院へご連絡の上お越しいただきご相談も承ります。