イーストワン歯科本八幡

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.047-369-6639

弥生台マノア歯科

MENU

総入れ歯/シュトラックデンチャー

Medical

上下顎同時印象法による総入れ歯/シュトラックデンチャー

栄養摂取、健康寿命を延ばす観点からもお口から食べる機能の大切さが注目されています。

「上下顎同時印象法」による総入れ歯(シュトラックデンチャー)は顎の形だけでなく患者様ご自身の唾を飲み込んだ時の筋肉の動き、口唇の記録をもとに作られるため口の周りの筋肉に支えられた吸着に優れた総入れ歯が出来上がります。また顎の土手にぴったりとフィットする形状がウオーターフィルム現象(ガラス板を2枚重ねその間に水を挟むと取れなくなる仕組み)を生み出し、入れ歯が外れることを防ぎます。

すべての歯を失っしまった方は顎の骨が薄くなり口元が痩せてしまい実際のご年齢より老けて見られがちですが シュトラックデンチャーは内側から自然なボリュームを出すことが可能なので自由に口元を作ることができ若々しい表情が取り戻せます。

人工歯はイボクラー社のビボデントやオーソシットのものを使用し天然歯のような高い審美性と硬さを兼ね備えています。

保険の総入れ歯との違い

上下顎同時印象法による総入れ歯(シュトラックデンチャー)と保険の入れ歯の大きな違いは入れ歯を専門に勉強してきた歯科医師と製作する技工士の知識と技術の違いだと思います。現在の保険制度で製作される総入れ歯は低医療費であるために流れ作業的に製作され残念ながら精度が低くそこに技術の進歩もみられません。

私達歯科医師や技工士は多くの専門知識を身につけてきました。そして患者様にできるだけ長くお使いいただけるよう顎の状態、上下の顎の位置関係、顔貌の状態などを考慮して設計します。しかし保険治療では決められたルールの中でしか設計することができないためベストな設計ではないことを知って頂きたいと思います。

使用できる材料にも大きな差があり保険の総入れ歯で使用される材料(ピンク色の部分)は柔らかい気泡の多い樹脂で作られているため樹脂の内部まで汚れや臭いが染み込み口臭の原因になることもあります。また人工歯はプラスチック製で天然歯のような硬さや溝がないため噛みにくさを感じることが多いものになってしまいます。

シュトラックデンチャーはイボカップシステムと呼ばれる方法で作られるため気泡がほぼなく強度の強いため特に厚みを気にされる場所としての上顎の部分が薄く仕上がります。

保険でも取り入れて欲しい方法ですが残念ながらなかなか難しいというのが現状です。