本八幡の歯科・歯医者

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.047-369-6639
イーストワン歯科本八幡
MENU

テレスコープ義歯/ドイツ式入れ歯

Medical

テレスコープ義歯/ドイツ式入れ歯

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)は金属のバネを使わないため入れ歯を付けていることが周りの人にわかりにくい目立たない入れ歯です。

通常の入れ歯は残っている歯に金属のバネを引っ掛けて外れないようになっています。この構造は見た目が悪いだけでなくバネを引っ掛けている残っている歯にとても負担がかかり入れ歯が動いてしまうので入れ歯が外れやすい、硬いものが噛めない、入れ歯と歯茎の間に物が挟まりやすいといった様々な不具合が生じます

ではテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)とはどのような入れ歯なのでしょうか?

テレスコープ(telescope)は「はめ込み式の(形容詞)」という意味です。

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)は、はめ込み式の機構(例えば同じ形の紙コップを2個重ねると逆さにしても振っても外れませんがゆっくり力を加えると外せます。)で入れ歯が外れないよう固定 維持する入れ歯です。

 

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の基本的な構造は入れ歯を支えるために利用する残っている歯に内冠と呼ばれる金属のキャップを被せます。入れ歯の内側には外冠と呼ばれる被せ物を組み込みます。内冠に外冠をはめ込むと入れ歯が外れないように固定、維持されます。

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)は歯科先進国ドイツで130年の歴史があり硬いパンやお肉を好み質の高さや長持ちする治療を求めるドイツで改良を重ねられ現在でも多く使用されています。

 

<テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の特徴>

・目立たないので入れ歯を使用していることが周囲の人にわかりにくい

・食事中や会話中に外れにくい

・入れ歯と歯茎の間に物が入りにくい

・硬いものが食べられる

・付けたときの違和感が少ない(個人差があります)

・就寝時は付けたまま寝られる

・インプラントのような大がかりな外科手術が必要ない

・バネを使わないので歯1本にかかる負担を少なくし残っている歯を

失うリスクを少なくできるため歯の寿命が延びる

 

 

 

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の種類

① コーヌステレスコープ

残っている歯と入れ歯ではめ込みの機構を設置して維持する方法です。紙コップを2個ぴったり重ねると外れにくくなる原理を利用しています。

~特徴~

  • 円錐形の内冠と外冠と呼ばれる維持装置により入れ歯を確実に固定するので動きません。
  • 就寝時にも装着してお休みいただけます。

② リーゲルテレスコープ

歯と歯を固定し、それに鍵をかけるようにして入れ歯を維持する方法です。

~特徴~

  • すべての歯を利用する方法のほか、顎の左右片側だけに歯がないような場合に対応しています。
  • 就寝時にも装着してお休みいただけます

 

 

③ レジリエンツテレスコープ

顎を全部覆って陰圧にし水のウオーターフィルム現象(ガラスとガラスの間に水を介在させて
ぴったりと吸着させる現象)を使って吸着させていきます。レジリエンツテレスコープは周囲の封鎖と
水分(唾液)を利用して入れ歯を維持します。顎をすべて覆う形態の総入れ歯です。

~特徴~

  • 残っている歯が3本以内の場合やリーゲルテレスコープでは対応できない歯の残り方の場合に使用します。
  • 顎の骨を総入れ歯ですべて覆い陰圧にすることで入れ歯を維持します
  • 就寝時も装着してお休みいただけます

 

インプラントとドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)の違い

①手術が不要
②歳を重ねたお身体でも長く安心して使える
③残っている歯を繋いで長く保つことできる

少しぐらぐらしている歯でも歯を繋ぐとお互いに助け合って守られます。
インプラント治療では残っている歯とインプラントを繋げることができません。ですので残っている歯を守ることができず、次々と抜いてインプラントを追加しなければならないことがあります。ドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)は残っている歯を繋いで歯の寿命を延ばしご自分の歯をぎりぎりまで残すことができます。

④インプラントができないような骨の状態でもドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)は可能
⑤治療期間中仮の歯を入れられる

インプラントは治療期間中にインプラントに力を加えないようにするため歯がないまま生活しなければならない場合があります。ドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)では治療期間中に仮の歯を入れることができます。

保険の入れ歯とテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の違い

日本の保険で作られる部分入れ歯はバネで歯を強く抱きかかえて、お口の中に留まらせる方法です。使用しているうちに強く締め付けたバネは緩み、入れ歯がパカパカ浮いてくるか、歯自体が揺らされて抜けてくるという結果を招く恐れがあります。ドイツでは、1970年代にはバネの入れ歯の欠点が明らかになり、一切使用されておりません。昨年ドイツの大学に研修に行かれた先生に伺ったところ本当にバネ式の入れ歯は1個もなくテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)が使われているそうです。

保険の部分入れ歯のメリット、デメリット

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。
メリットとしては、お手入れが簡単、また保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。
デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、歯にクラスプと言われる金具をかける歯に負担が掛かかり歯を抜いてしまう作用があります。食べものがつまりやすく、また、入れ歯が不安定で口の中で動いてしまうので噛みにくいと言われています。材質が保険内で限られた材料のため臭い、汚れが付きやすいです。

では保険の入れ歯とテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の違いは

*入れ歯を専門に勉強してきた歯科医師、製作する歯科技工士の知識の違いです

歯科医師、歯科技工士ともにテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の技術を習得するためにたくさんの専門的な知識を身につけてきました。
患者様がより長くテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)を使って頂くように設計しております。

*入れ歯の設計の違いです

患者様の歯の状態は様々です。骨の状態、残っている歯の本数、位置、神経の有無などにより設計はすべて異なります。残っている歯を長く残すように将来やり直しせず修理が可能なように設計します。
保険の入れ歯は決められたルールの中でしか設計することができないので、決してベストな設計ではないことをご理解いただきたいと思います。

*材質が違います

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の材質は質の高いレジン(ピンク色の部分)を使用しています。
保険の入れ歯に使用されているレジンは柔らかいので食べ物やコーヒーなどの汚れを吸収しやすく、口臭の原因になることがあります。また人工歯は既成のプラスチック素材で天然歯のような硬さや溝がないので食べ物がうまく噛めないこともあるようです。

*入れ歯の製作に費やす時間の違いです

保険の入れ歯はでコスト、時間を削減するために流れ作業的に製作されます。
テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の製作には200時間を超えます。
段階ごとに患者様のお口の中でチェックさせて頂き精密にあわせていきます。

*噛み合わせのバランスの違いです

保険の入れ歯は噛み合わせを合わせるまで時間がかかります。
テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)は噛み合わせのバランスを記録し微調整しながら製作するため、左右均等にバランスよく噛むことができます。