歯科

咬合器

咬合器(こうごうき)とは上と下の歯型を採り石膏模型にしたものを付着して顎の運動や噛み合わせなどの位置を再現する装置のことです

顎の運動の要素を解剖学的な平均値に固定してある平均値咬合器
顎の運動の要素の生体に合わせて調節できるものがありそのうちのひとつである半調節性咬合器

当院で噛み合わせの診査診断に使用しているものは後者の半調節性咬合器であるKAVO社のPROTAR evo7です

左が平均値咬合器、右が半調節性咬合器のKAVOの咬合器です
大きさが違いますね。遠近法で撮影はしていませんよ。
KAVOの咬合器の横幅はヒトの顎の左右の関節の幅とほぼ同じです。平均値咬合器は平均値ではありません、、、

噛み合わせの診査は

写真のような噛み合わせを採りお顔にも装置をつけて基準を決め咬合器に模型を付けます

このようになるべく患者様個々の情報を咬合器に移すための作業をします
お口の中は暗いですし動きが見えない部分もありますが咬合器に付けて動かすと見えない部分も見えてきます。またお顔の真ん中と前歯の真ん中が合っていないなど細かいことがわかります。

例えば上の写真は下顎を左に動かした時の右側の奥歯の写真ですが
お口の中だと見えにくいです。そしてこの奥歯の当たりは良くない当たりです。
このような嚙み合わせを診査診断することでセラミックの被せ物の寿命を延ばすことできます

もちろん当院が製作を依頼している歯科技工士はKAVO社の咬合器で製作していますのでご安心ください

当院では嚙み合わせの診査診断をして治療計画をたて
テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)、セラミックの被せ物を
作製します。(保険適用外です)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。