歯科

入れ歯について

お友達とおしゃべりして口を開けて思いっきり笑うことができない
同窓会や結婚式などの会食や旅行が憂鬱
家族とのお食事は自分だけ細かく切ったり柔らかく煮て別の食事をしている
最近歯ごたえのあるものを食べていない
出された食事の中でいつも食べられそうなものを選んでいる
お顔のしわやたるみが気になる
など
歯のことで日常生活を我慢していませんか?
当院は機能的、審美的に高品質な正統派のテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)を
ご提供しています
関心のある方、ぜひ治療をしたい方はテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の
メールやご来院頂いての無料相談を行っております。
早くお悩みを解決していつも笑顔で楽しく快適な生活を送りましょう

 

〈入れ歯について 保険適用の入れ歯

入れ歯は保険適用の入れ歯と保険適用外の入れ歯があります
その差は入れ歯の素材の違いではありません

保険適用の入れ歯の一番のメリットは安価であることです
しかしどのような商品でも安価であるが故の理由があります

保険適用の部分入れ歯は入れ歯を支えるために残っている歯に金属のバネをかけます
このバネが歯を揺さぶるのです
例えば土に刺さっている杭が歯、それを引き抜こうとする手がバネ
杭を手で引き抜く時に揺さぶりますよね?その揺さぶりの力が噛む力です
揺さぶられた歯はやがて抜け落ちます
そしてまた金属のバネの部分入れ歯を作りどんどん歯を失っていきます
これが金属のバネの部分入れ歯の最大のデメリットです

金属のバネの部分入れ歯はあまりにも旧式な装置で歯の寿命を短くするので
ドイツの歯科大学では1967年から教育から外されています
日本では当たり前のように使われている金属のバネの部分入れ歯は
日本で常識でも世界では非常識なのです

歯科(に限らずですが)の保険医療は財政がひっ迫しているので保険適用の治療で
最高の治療は残念ながら望めません。残っている歯のことは考えず
安価にしてとりあえず噛むことができる入れ歯しか提供できないのです

残っている歯をできるだけ守りご自身が食べたいものを何でも食べられる
そして金属のバネがない見た目の良い入れ歯を
選択肢として紹介してくれる歯科医院を選びましょう

当院では嚙み合わせの診査診断をして治療計画をたて
テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)、セラミックの被せ物を作製します(保険適用外です)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。