入れ歯

テレスコープ義歯はどこから来たの?

お友達とおしゃべりして口を開けて思いっきり笑うことができない
同窓会や結婚式などの会食や旅行が憂鬱
家族とのお食事は自分だけ細かく切ったり柔らかく煮て別の食事をしている
最近歯ごたえのあるものを食べていない
出された食事の中でいつも食べられそうなものを選んでいる
お顔のしわやたるみが気になる
など
歯のことで日常生活を我慢していませんか?
当院は機能的、審美的に高品質な正統派のテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)を
ご提供しています
関心のある方、ぜひ治療をしたい方はテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の
メールやご来院頂いて無料相談を行っております。
早くお悩みを解決して楽しく快適な生活を送りましょう

 

〈テレスコープ義歯はどこからきたの?〉

テレスコープ義歯はドイツが発祥です

テレスコープ義歯は1886年(日本では伊勢丹呉服店が開店)に
ドイツでブリッジ(という被せ物)の装置として用いられたのが最初です
その後1889年にテレスコープを応用した様々な取り外しの入れ歯が
考案されていますので現在のテレスコープ義歯の歴史は135年になります
(インプラントが人に使用されたのは1965年です)

私が師事している稲葉繁先生は1978年にドイツに留学され
西ドイツチュービンゲン大学でE.Koerber教授の下で客員教授を務めました
そしてテレスコープ義歯のノウハウを日本に持ち帰って来られました

1980年代に日本でもテレスコープ義歯が行われていましたが
入れ歯の設計や入れ歯を支える歯の状態、使用する金属
技工の技術など間違った情報が広まって支えの歯が折れたりトラブルがあって
テレスコープ義歯は徐々に廃れていきました
ですが本場ドイツの情報で稲葉先生が作られたテレスコープ義歯は
20年、30年保っている症例が多くあります

私は訪問歯科を経験しお口の中に多くのインプラントが入っている介護を
受けている方の悲惨なお口の中をみてとても考えさせられました
そんな中、稲葉先生が顧問をされているIPSG包括歯科医療研究会に入会し
テレスコープ義歯をはじめ総義歯、顎関節症、摂食嚥下など様々な
ことを学びVIP会員(稲葉先生の許可がないとなれません)に
なり現在も隔週木曜日に稲葉先生のご指導を受けています

インプラントという言葉は浸透していますが歴史は浅いです
テレスコープ義歯はほとんど知られていませんが歴史は
長いのです

ドイツでは良いものを長く使うために初期投資を惜しみません
日本の保険の入れ歯は半年に1度作り変えることができますが
合わない入れ歯を何度も作り変えるたびに通院の労力、時間、材料を無駄にしているのです

良く噛めて噛め見た目も美しいテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)は
修理しながら長くお使いいただけます

当院では嚙み合わせの診査診断を行い治療計画をたてテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)
セラミックの被せ物を作製します(保険適用外です)

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)にご興味のある方は無料相談を
行っております
ご予約お待ちしております

     イーストワン歯科本八幡  tel  047-369-6639

メールでご相談ご希望の方は
info@eastone-dental.com   までお願いいたします

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)にご興味のある方は小冊子を
お送りいたします。(お名前、ご住所、お電話をお知らせください。)

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。