入れ歯

高齢で入院した時ご自分の歯や入れ歯がなくて噛めないとどうなる?

お友達とおしゃべりして口を開けて思いっきり笑うことができない
同窓会や結婚式などの会食や旅行が憂鬱
家族とのお食事は自分だけ細かく切ったり柔らかく煮て別の食事をしている
最近歯ごたえのあるものを食べていない
出された食事の中でいつも食べられそうなものを選んでいる
お顔のしわやたるみが気になる
など
歯のことで日常生活を我慢していませんか?
当院は機能的、審美的に高品質な正統派のテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)を
ご提供しています
関心のある方、ぜひ治療をしたい方はテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の
メールやご来院頂いて無料相談を行っております。
早くお悩みを解決して楽しく快適な生活を送りましょう

 

〈高齢で入院した時ご自分の歯や入れ歯が無くて噛めないとどうなる?〉

私は4年間程、
訪問歯科診療に携わっていたことがあります

高齢の女性が骨折で入院しそろそろリハビリに入ろうという状態で
お口の清掃の依頼があり訪問しました。きざみ食やペースト食から
普通食にしてリハビリ開始と計画していたらお口の中の歯が数本しか
残っていないことに気が付いたのでしょう

入れ歯は家にあるが入院以前からずっと使わずに歯が数本残っている状態で
過ごしていたようでした
当然、噛めません。そして残っている下の歯が上の歯茎を
突き破っていて少し骨が見えていました。
これでは骨折は治っても栄養が足らずいつまでも点滴です
またリハビリしたくても歯が無いので食いしばることが出来ません
重りを使ってのリハビリもできません

歯を抜歯して入れ歯を作り調整しやっと入れ歯に慣れて
食事できるまで半年ほどかかりました
これから本格的なリハビリが始まります
スタートが遅かったので体力も落ちてリハビリも
長くかかったことでしょう

動けるうちに噛める入れ歯をいれて食事から栄養を
摂れる様にしておかないと入院生活も長くなり入院費もかかります

当院が得意としているテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)は良く噛める入れ歯です
このような骨折のケースではいざ入院してもお口から栄養が摂れるので早くリハビリに移行できます
結果的に入院期間が短く費用も安く済みます。

20年30年後のことを考えて歯科治療を受けることは大切ですよ

 

 

当院では嚙み合わせの診査診断を行い治療計画をたてテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)
セラミックの被せ物を作製します(保険適用外です)

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)にご興味のある方は無料相談を
行っております
ご予約お待ちしております

     イーストワン歯科本八幡  tel  047-369-6639

メールでご相談ご希望の方は
info@eastone-dental.com   までお願いいたします

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)にご興味のある方は小冊子を
お送りいたします。(お名前、ご住所、お電話をお知らせください。)

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。