歯科

歯がすり減ってしまったらどのように治療するの?

お友達とおしゃべりして口を開けて思いっきり笑うことができない
同窓会や結婚式などの会食や旅行が憂鬱
家族とのお食事は自分だけ細かく切ったり柔らかく煮て別の食事をしている
最近歯ごたえのあるものを食べていない
出された食事の中でいつも食べられそうなものを選んでいる
お顔のしわやたるみが気になる
など
歯のことで日常生活を我慢していませんか?
当院は機能的、審美的に高品質な正統派のテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)を
ご提供しています
関心のある方、ぜひ治療をしたい方はテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の
メールやご来院頂いて無料相談を行っております。
早くお悩みを解決して楽しく快適な生活を送りましょう

 

〈歯がすり減ってしまったらどのように治療するの?〉

歯の噛む面(咬合面といいます)が異常にすり減って
歯がしみる
被せ物や詰め物がとれやすい
噛みにくい
などの症状はありませんか?

この写真のように歯のすり減りが進行すると
歯がしみる
良く噛めない特にレタスなどの葉物
詰め物や被せ物がとれやすい
これがさらに進むと
お顔の鼻の下から顎の先端までの距離が短くなるため
お顔の印象が変わります
顎関節症が発症
などなど
色々な問題がでてきます

虫歯や歯周病だけが病気ではないです
虫歯と歯周病の原因は細菌です
細菌が悪さをするものだけが病気ではないのです

歯のすり減りは細菌によるものではないので
皆さんは虫歯じゃないと診断されると
安心するかもしれません
そしてこのままでいようと考え放置することでしょう

このすり減りはマウスピースをしても治りません

噛み合わせを診査してきちんと食べ物が噛めるように
しなければなりません
歯科治療の目的は虫歯や歯周病だけを治すことではなく
食事をするためにきちんと不具合なく左右の歯で噛めることです

「虫歯じゃないなら健康な歯を削るのは嫌です」
とおっしゃる方がいらっしゃいますが
すり減って噛めない状態も病気のひとつです

嚙めない状態で歯を残し将来のリスクを背負って
生活しトラブルの度に通院するのか
削って被せ物をして良く噛める状態にし定期的に
メインテナンスで通院するのか

あなたはどちらをえらびますか?
よく考えられてくださいね

 

 

当院では嚙み合わせの診査診断を行い治療計画をたてテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)
セラミックの被せ物を作製します(保険適用外です)

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)にご興味のある方は無料相談を
行っております
ご予約お待ちしております

     イーストワン歯科本八幡  tel  047-369-6639

メールでご相談ご希望の方は
info@eastone-dental.com   までお願いいたします

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)にご興味のある方は小冊子を
お送りいたします。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。