インプラントができない条件とは?

インプラントができない条件とは?

インプラント治療が適していない方とはどのような方でしょう?
*全身疾患がある:糖尿病や高血圧、骨粗鬆症など
*妊娠中の方
*喫煙者
*歯周病、虫歯がある
*インプラント部の骨がない
などです。

また私の考えですが不正咬合(歯並びや噛み合わせに問題のある方)で特に開口、過蓋咬合、八重歯の方で奥歯のインプラントはしない方が良いと思います。

 

インプラントの利点は
▽他の歯を削らない
▽取り外しすることがない

インプラントの欠点は
▼インプラント周囲炎といって歯周病のように炎症が起きると
撤去の手術が必要となる場合がある
▼残っている歯が抜けた場合再度インプラントをするか条件によりインプラントが
できない場合がある。そしてその時の治療が難しくなる場合がある
▼インプラントの被せ物の形態によっては歯ブラシがしにくいところがでてくる

この写真はインプラントの周りの骨が痩せている状態のものです。
左の歯の周りの骨の状態と比較すると痩せているのがよくわかります。

インプラントは虫歯にはなりませんが歯周病菌によるインプラント周囲炎、噛む力による破壊力によりだめになりますからお口全体を診査診断してインプラントを勧める歯科医院を見つけましょう。

 

     

 

 

筆者プロフィール

著者

イーストワン歯科本八幡
東 郁子

■経歴
  • 平成6年 鶴見大学歯学部 卒業
  • 平成7年 鶴見大学付属病院研修医 修了
  • 平成7年 都内の歯科医院 勤務
  • 平成30年 イーストワン歯科本八幡 開院
■所属学会/スタディグループ
  • ●IPSG包括歯科医療研究会
  • 第2回咬合認定医コース受講 咬合認定医 取得
  • 総義歯の基礎と臨床 受講
  • 顎関節症ライブ実習コース 受講
  • パーシャルデンチャーとテレスコープシステム 理論と実習コース 受講
  • 咬合治療の臨床 受講
  • ●日本臨床歯科医学会
  • レギュラーコース 受講
  • ●顎咬合学会