Staff
院長紹介

院長 東 郁子
私自身や家族に受けさせたいと思えるような、
親身に対応する医療を心がけています。

院長の東 郁子(あずま いくこ)です。

当院では患者様が歯のことで悩むことなく笑顔で快適な生活を送れるように、そして当院での治療がなるべく最後の治療となるよう、最善の治療をご提供いたします。

この地で開業する前は勤務医としてまた訪問歯科にも携わりました。
訪問歯科では、訪問する病院に入院されている方や施設に入居されているほとんどの方のお口の中は、残念ながら健康ではありませんでした。歯が抜けたままや合わない入れ歯を使用していたり歯周病にり患している方など。

看護師さんも「脳梗塞や心筋梗塞、認知症の方の多くは、お口の状態が悪く普通食を食べることができないので十分な栄養が摂れない。 」と話されていました。
まさしく「健康は歯から」であることを痛感しました。

また訪問歯科ではすでにインプラント治療をされて寝たきりになった方がおられ、その方の口腔ケアを行うことになりましたが、その方のインプラント治療された歯とご自身の歯が混在しているお口の中は清掃が行き届かず、歯茎が腫れて出血があり膿んでいるところもありました。

このような経験から、介護が必要となるまでの期間(いわゆる健康寿命)を延ばすために、ご自分の歯を残すことが重要ですが、患者様のなかにはすでに歯を失っている方もいらっしゃいます。

そのような方には、しっかりご自分の歯と同じような噛み応えのある入れ歯などの治療をすること、そしてご自身で清掃しやすいようにブラッシングの仕方をお伝えし、定期的な歯のメンテナンスにいらしていただくこと、介護が必要になった時には介護する方が清掃しやすいように治療をすることが必要です。

当院で受ける治療が生涯最後の治療とし、年齢を重ねて時間に余裕ができた時にご家族や友人と楽しくお食事や旅行などができ、歯のことで悩まない人生を送って欲しいという想いで診療に臨んでおります。

当院を選んでいただいた方、心から治したい方のご期待に添えるよう、満足していただけるよう、最善の治療をご提供したいと思います。

院長  東 郁子

院長
東 郁子 (あずま いくこ)

経歴
平成6年 鶴見大学歯学部 卒業
平成7年 鶴見大学付属病院研修医 修了
都内の歯科医院勤務

所属学会/
スタディグループ
●IPSG包括歯科医療研究会
第2回咬合認定医コース受講 咬合認定医 取得
総義歯の基礎と臨床 受講
総義歯ライブ実習コース 受講
顎関節症ライブ実習コース 受講
パーシャルデンチャーとテレスコープシステム 理論と実習コース 受講
咬合治療の臨床 受講

●日本臨床歯科医学会
レギュラーコース 受講

●顎咬合学会

IPSG咬合認定医コース 認定証