虫歯

虫歯の原因

歯垢(プラーク)に含まれる細菌(ミュータンス菌など)は糖分を餌にして酸を排出します。その酸が歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分を溶かし続ける(脱灰といいます)と虫歯になってしまいます。

唾液は食後、酸性に傾いたお口の中を中和する働きがあり脱灰した歯を修復(再石灰化といいます)します。脱灰と再石灰化のバランスが崩れると虫歯が進行していきます。

 

以下の4つの要素が虫歯になりやすいと考えらえています。

1. 歯質,歯並び,噛み合わせ

歯質は一人一人異なり、虫歯になりやすいかどうかを左右します。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、だ液の分泌を促進するためによく噛んだりすることが効果的です。歯が重なっていたりすると掃除しにくく、歯垢がたまりやすいので虫歯になりやすくなります。

2. 細菌

虫歯菌の代表ミュータンス菌は本来赤ちゃんのお口の中には存在しません。親などと一緒のスプーンやお箸などを使うことにより感染することが多いのです。きちんと歯を磨いて間食や糖分入りの飲料も摂取していないのに虫歯になりやすい方は細菌数の割合を調べるには唾液検査をお勧めします。

3. 糖分

糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、虫歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることを心がけましょう。

4. 時間

歯垢が歯に付着したままになっている時間が長いと虫歯になりやすいため、こまめな掃除が大切です。

 

虫歯はこうして進行します

【C1】初期の虫歯

歯の表面はエナメル質で覆われており、虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

 

【C2】歯の内部まで進行した虫歯

エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

 

【C3】神経まで進行した虫歯

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄があります。虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまうと歯髄炎となり、歯がひどく痛みだします。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

 

【C4】歯の根(歯質)が失われた歯

虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を起こし腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

虫歯の治療と歯の寿命について

虫歯が神経まで及んでいない場合はまず虫歯の部分(虫歯の菌で汚染されている部分)を除去します。う蝕検知液と呼ばれる虫歯の部分のみを染め出す液を使用し取り残しがないよう徹底的に除去します。

次に虫歯を取り除いた部分に部分的な被せ物を被せます。健康保険適用の材料は金銀パラジウム合金、レジン系強化型プラスチックです。

金銀パラジウム合金は繰り返しの噛む力、錆びる材料のためたわみが生じ縁(ふち)に隙間ができ食べかすが入り込みまた虫歯になってしまいます。レジン系強化型プラスチックは歯ブラシなどで細かい傷ができ歯垢がたまりやすく虫歯や歯周病になってしまい白い材料とはいえ優れているとは言えません。

お身体、お口のなかで安心して使える材料はセラミックです。(当院ではイボクラービバデント社のe,maxを使用しております。セラミックは保険適用外です)

隙間から虫歯になり神経まで及んで神経をとってしまうと一気に歯の寿命が短くなります。神経をとった歯は枯れ木と同じで脆く大きく被せ物をしても天然歯の強さには戻りません。この段階で再治療を繰り返すとご自身の歯が段々少なくなってしまうのです。

安全でお身体、お口の中で安定性のある材料で治療をご検討の方はぜひご相談ください。(当院ではジルコニア、ガラス系セラミック、ポーセレンの3種類をお口の状態に合わせて使用しております。セラミック治療は保険適用外です)