Telescope
ドイツ式入れ歯(部分入れ歯)

ドイツ式入れ歯 テレスコープ義歯の特徴

テレスコープ義歯

ドイツ式入れ歯はドイツで開発されたもので、正式にはテレスコープ義歯と呼びます。

当院で提供している部分入れ歯であるドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)は、保険適用の入れ歯のような金属のバネを使いません。

はめ込み式のため、見た目が美しくよく噛めるため、ご自身の好きなものを食べることができます。
※保険適用外です

はめ込み式の機構とは、例えば同じ形の紙コップを2個重ねると逆さにして振っても外れませんが、ゆっくり力を加えると外れます。このような機構で入れ歯が外れないよう固定、維持します。

ドイツ式入れ歯は歯科先進国ドイツで130年の歴史があります。硬いパンやお肉を好み、質の高さや長持ちを求める国民性であるドイツで改良を重ねられ、現在でも多く使用されており、世界で高い評価を得ている技術です。

ドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)のメリット

  • 金属のバネを使用しないため目立たないので、入れ歯を使用していることが周囲の人にわかりにくい
  • 食事中や会話中に入れ歯が外れにくい
  • 入れ歯と歯茎の間に食べ物が入りにくい
  • お食事の際に好きなように硬いものが食べられる
  • 就寝時は付けたまま寝られる(災害などの緊急時にも問題がない)
  • インプラントのような大がかりな外科手術が必要ない
  • バネを使わないため歯1本にかかる負担を少なくできるので、残っている歯の寿命が延びる

保険適用の部分入れ歯との違い

保険適用の部分入れ歯

保険適用の部分入れ歯は、金属のバネ(クラスプといいます)をご自分の歯に引っ掛けて入れ歯を外れないようにしています。

ドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)との違いは、

金属のバネ(クラスプ)が歯を揺さぶるので、ご自分の歯が早期にだめになる

日本の保険適用の入れ歯(金属の入れ歯)は、入れ歯先進国ドイツでは作られていません。
ご自分の歯が抜けるたびに新しい入れ歯を作らないといけません。
平均耐用年数は、お口の中の状態によりますが3~5年です。

金属のバネ(クラスプ)が目立つ
入れ歯の設計が限られている

入れ歯を安定させる、ご自分の歯を守るという設計ができない。

材質が異なる

歯茎と同じ色のピンク色の部分の保険適用の材質は、細かい気泡があります。
細かい気泡があることにより、着色しやすく、細かい気泡の中で細菌が繁殖しやすいので、誤嚥性肺炎の危険性が高いです。

歯科技工士、歯科医師の知識や技術、製作にかかる時間の差がある

入れ歯の知識や技術を得るために、大学卒業後も講習会に参加し、研鑽を重ねています。
また保険適用の入れ歯は制約があり、多くの時間をかけることができません。
卒後1年目と卒後10年目の歯科技工士、あなたはどちらの方に入れ歯をつくってほしいですか?
保険適用の入れ歯はどちらの方が作っても患者様のお支払い金額は同じです。

噛み応えがない

保険適用の入れ歯は、ドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)と比べると噛み応えがありません。

保険適用の入れ歯は新しく作ってから、半年間は新たに作ることができない

半年以内に紛失した場合は保険適用外の扱いになります。
「半年間は新しく作ることができない」ということは「半年間、噛むことのできる精度の入れ歯で良い」「高品質でなくてよい」と国が認めているということなのです。
歯科においての国の保険制度は質の高い医療とは言えず、噛めればよいという考えの基から作られた制度と言えるでしょう。

他の保険適用外の部分入れ歯との違い

ドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)以外の保険適用外の部分入れ歯には、主に以下のものがあります。

1.ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

主な製品名はバルプラスト、フレキサイト、ルシトーン、スマイルデンチャー、カルデント、エステショット(アミドデショット)です。

入れ歯を支える部分がピンク色の樹脂でできています。
金属ではないので目立ちませんが、覆う面積が広いので糸切り歯などの前歯に使用すると歯が短くなったように見えます。

ご自分の歯にかかる負担は、保険適用の入れ歯と変わりませんのでご自分の歯がダメになる確率が高いです。

ピンク色の樹脂の部分は吸水性があり、臭いを吸着しやすいです。
耐久性に劣り、耐用年数は3~5年といわれています。

2.マグネットデンチャー

磁石の力で入れ歯を外れにくくする入れ歯です。

保険適用の入れ歯のような金属のバネを使用しませんので、見た目が良いです。

磁石を設置するために、ご自身の歯の神経をとる必要があります。
磁石は横滑りに対する力には弱いので、入れ歯も横滑りし噛み合わせがずれたり、入れ歯の縁の部分が歯茎に当たって痛みがでやすいです。
MRI撮影ができない場合があります。

インプラントとドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)

インプラント

インプラント

インプラントは、歯を失った部位の骨に人工の根を植えてその上に土台となるアバットメントと被せ物を被せていきます。

インプラントの歴史は1965年にスウェーデンで人体にインプラントが応用され、日本で海外と同じ信頼性の高いインプラントが応用されたのは1983年のことです。

インプラント治療が普及して30年経ち、今新たな問題として

インプラント治療後に、他のご自分の歯を抜くことになった場合の治療の選択肢が少なくなり、選択肢がインプラントのみになるケースが多くあります

この場合、介護が必要な方で寝たきりの方は在宅治療では対応が困難になります。
施設や病院でこのような方をたくさん目の当たりにしている医療従事者の多くの方は「インプラントは絶対やりたくない」とおっしゃっています。

歯列矯正が必要な不正咬合のケースで、インプラント治療をしてしまっている方は、多くの場合矯正治療ができません
介護者が介入したときのお口のケアの問題(インプラント部は複雑な形態になることがあり、治療が終了後は歯科医院でのメンテナンスが必須です)

などが出てきています。

インプラント治療は適応条件を満たしていれば長持ちし、ご自分の歯と同じように噛むことができ見た目もよいものです。

インプラント治療は
・お身体に関して適応条件を満たしているか
・全体の噛み合わせを考慮しているか
・他の残っている歯を考慮しているか
・その歯がダメになったときの将来起こりえる事態を想定しているか
など、本当にインプラント治療が最適は治療なのか検討して決めるべきと考えています。

ドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)

テレスコープ義歯

ドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)はインプラント治療ができない条件にほぼ適応できます。
ただし、製作する際に抜歯が必要な場合は服用中の薬剤の休薬や歯周病、糖尿病の治療とコントロールが必要です。

歯周病の歯をできるだけ寿命を延ばすこともできます。将来予測できる事態に対応できるように設計します。
上述のメリットにもあるように外科的手術が不要です。
歯が抜けるたびに新しく作るのではなく修理しながら使えます。

今、保険適用の入れ歯をお使いの方はこのドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)を最後の入れ歯にしませんか?

ドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)の種類

① コーヌステレスコープ

残っている歯と入れ歯ではめ込みの機構を設置して維持する方法です。紙コップを2個ぴったり重ねると外れにくくなる原理を利用しています。

特徴
コーヌステレスコープ
  • 円錐形の内冠と外冠と呼ばれる維持装置により、入れ歯を確実に固定するので動きません
  • 就寝時にも装着してお休みいただけます

② リーゲルテレスコープ

歯と歯を固定し、それに鍵をかけるようにして入れ歯を維持する方法です

特徴
リーゲルテレスコープ
  • すべての歯を利用する方法のほか、顎の左右片側だけに歯がないような場合に対応しています
  • 就寝時にも装着してお休みいただけます

③ レジリエンツテレスコープ

顎を全部覆って陰圧にし水のウオーターフィルム現象(ガラスとガラスの間に水を介在させてぴったりと吸着させる現象)を使って吸着させていきます。レジリエンツテレスコープは周囲の封鎖と水分(唾液)を利用して入れ歯を維持します。顎をすべて覆う形態の総入れ歯です。

特徴
  • 残っている歯が3本以内の場合やリーゲルテレスコープでは対応できない歯の残り方の場合に使用します
  • 顎の骨を総入れ歯ですべて覆い陰圧にすることで入れ歯を維持します
  • 就寝時にも装着してお休みいただけます

入れ歯の治療例

ドイツ式入れ歯(テレスコープ義歯)は専門医へ

1980年代に日本で広まったことがあるドイツ式入れ歯は、コーヌステレスコープしか知られていません。加えて、コーヌステレスコープの間違った方法が広まってしまったために、その評判が落ちてしまい10年間ほどで下火になってしまいました。

私の師匠である元日本歯科大学歯学部教授 稲葉繁先生は1978年に西ドイツのチュービンゲン大学で客員教授として留学され、本場ドイツのテレスコープシステムを習得されました。

私は、稲葉先生から日本で行われていた製作方法やテレスコープ義歯の使用方法との違い、ドイツで行われている正統派のテレスコープ義歯の種類、製作方法、使用方法などを学びました。
正しい方法で行われたテレスコープ義歯の30年以上の経過を保った多くの症例を拝見し、超高齢化社会の日本で健康寿命を延ばすことのできる入れ歯であることを確信しました。

テレスコープ義歯の製作には欠かせない存在が歯科技工士です。私がテレスコープ義歯製作を依頼している京王歯研様は同じく稲葉先生よりご指導いただき、素晴らしい腕のある技工士です。歯科医師と技工士が同じ知識を共有し、お互いにディスカッションして個々の患者様のお口に合ったテレスコープ義歯を設計、作製していくことがとても重要だと感じます。

テレスコープ義歯を製作するには特殊な器械を使用するため、どの歯科技工所でも作れるものではありません。

テレスコープ義歯の知識、技術を習得した歯科医師、歯科技工士があなたの入れ歯を作製いたします。