テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)とは

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)とは、はめ込み式の機構(例えば同じ形の紙コップを2個重ねると逆さにして振っても外れませんがゆっくり力を加えるとは外れます。)で入れ歯が外れないよう固定、維持する入れ歯です。

通常の入れ歯は入れ歯が外れないように残っている歯に金属のバネを引っ掛けて外れないようになっています。この構造は見た目が悪いだけでなく金属のバネを引っ掛けている残っている歯にとても負担がかかり入れ歯が動いてしまうので入れ歯が外れやすい、硬いものが噛めない、入れ歯と歯茎の間に物が挟まりやすいといった様々な不具合が生じます。ドイツではこのような金属のバネを使用した入れ歯は1970年代から大学の授業から外されています。

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の基本的な構造は入れ歯を支えるために利用する残っている歯に内冠と呼ばれる金属のキャップを被せます。入れ歯の内側に外冠と呼ばれる被せ物を組み込みます内冠に外冠をはめ込むと入れ歯が外れないように固定、維持されます。

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)は保険診療外です。

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の種類

① コーヌステレスコープ

残っている歯と入れ歯ではめ込みの機構を設置して維持する方法です。紙コップを2個ぴったり重ねると外れにくくなる原理を利用しています。

特徴

  • ・円錐形の内冠と外冠と呼ばれる維持装置により入れ歯を確実に固定するので動きません
  • ・就寝時にも装着してお休みいただけます

② リーゲルテレスコープ

歯と歯を固定し、それに鍵をかけるようにして入れ歯を維持する方法です

特徴

  • ・すべての歯を利用する方法のほか、顎の左右片側だけに歯がないような場合に対応しています
  • ・就寝時にも装着してお休みいただけます

③ レジリエンツテレスコープ

顎を全部覆って陰圧にし水のウオーターフィルム現象(ガラスとガラスの間に水を介在させてぴったりと吸着させる現象)を使って吸着させていきます。レジリエンツテレスコープは周囲の封鎖と水分(唾液)を利用して入れ歯を維持します。顎をすべて覆う形態の総入れ歯です。

特徴

  • ・残っている歯が3本以内の場合やリーゲルテレスコープでは対応できない歯の残り方の場合に使用します
  • ・顎の骨を総入れ歯ですべて覆い陰圧にすることで入れ歯を維持します
  • ・就寝時にも装着してお休みいただけます

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の特徴

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)は歯科先進国ドイツで130年の歴史があります。硬いパンやお肉を好み質の高さや長持ちを求める国民性であるドイツで改良を重ねられ現在でも多く使用されています。日本人の多くは「柔らかくておいしい」という感覚ですがドイツ人では「硬くておいしい」なのです。テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)は硬い食事が普通にできる入れ歯なのです。そしてお口の中の変化に応じて修理ができメインテナンスが簡単です。フォルクスワーゲン、BMW、メルセデスベンツ、ポルシェなどのドイツ車に皆様が感じる魅力は車両の安全性、性能、故障したときの修理がしやすいことではないでしょうか?またミーレの洗濯機はただ汚れを落とすだけでなく生地を傷めずに長持ちするよう生地の種類や水温設定の機能が付いています。このようにドイツ人は安全性、経済性、合理性を追求する国民です。このようなドイツで進化したテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)で生涯にわたりご家族やご友人と同じ食事を楽しみませんか?

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)のメリット

  • *目立たないので入れ歯を使用していることが周囲の人にわかりにくい
  • *食事中や会話中に入れ歯が外れにくい
  • *入れ歯と歯茎の間に食べ物が入りにくい
  • *硬いものが食べられる
  • *就寝時は付けたまま寝られる
  • *インプラントのような大がかりな外科手術が必要ない
  • *バネを使わないので歯1本にかかる負担を少なくできるので残っている歯の寿命が延びる

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)は専門医へ

1980年代に日本で広まったことがあるテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)はコーヌスしか知られていません。間違った方法が広まってしまったためにその評判が落ちてしまい10年間ほどで下火になってしまいました。私の師匠である元日本歯科大学歯学部教授 稲葉繁先生は1978年に西ドイツのチュービンゲン大学で客員教授として留学され本場ドイツのテレスコープシステムを習得されました。私は稲葉先生から日本で行われていた製作方法やテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の使用方法との違い(間違え)、ドイツで行われている正統派のテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の種類、製作方法、使用方法などを学びました。正しい方法で行われたテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の30年以上の経過を保った多くの症例を拝見し超高齢化社会の日本で健康寿命を延ばすことのできる入れ歯であることを確信しました。

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の製作には欠かせない存在が歯科技工士です。私がテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)製作を依頼している京王歯研様は同じく稲葉先生よりご指導いただき素晴らしい腕のある技工士です。歯科医師と技工士が同じ知識を共有しお互いにディスカッションして個々の患者様のお口に合ったテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)を設計、作製していくことがとても重要だと感じます。

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)を製作するには特殊な器械を使用するためどの歯科技工所でも作れるものではありません。

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の知識、技術を習得した歯科医師、歯科技工士が作製いたします。

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)とインプラントの違い

インプラントは失った歯の部分の骨に人工の根を植えてその上に土台と被せ物をする治療です。外科的な手術が必要です。失った歯の隣の歯を削って支えとする固定式のブリッジという被せ物と比べると歯を削らない、噛んだ時の負担が軽減できるといった利点があります。しかし歯周病、糖尿病、骨粗鬆症、喫煙、インプラントをする骨が少ない方などにはできません。インプラントは一生もののように思われている方がいらっしゃるのですがインプラントもぐらぐらになり脱落することがあります。どのような場合にインプラントがだめになるのでしょうか?上記のインプラントが禁忌の方以外にお口のケアができていない方歯ぎしりが強い方、噛みこみが深い方(過蓋咬合)、前歯がかみ合っていない方(開口)の奥歯のインプラントインプラント部の被せ物の高さが十分に確保できない方、噛み合わせのバランスが不調和な方などほとんどが噛み合わせに起因するものではないかと考えられます。

ただ最近来院した患者様のインプラントを拝見するとかみ合っていない=機能させていないケースが多くみられました。このような場合はご自分の歯が早期にだめになってしまいます。インプラントをされる方はその歯を失った原因をつきとめその原因を解決してからインプラントをすることをお勧めいたします。テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)は残っている歯に内冠と呼ばれる金属のキャップを被せ義歯の部分に組みこませた外冠と内冠がはめ込むことにより義歯を維持、固定します。骨の量が少ない、骨粗鬆症、糖尿病、歯周病、禁煙などでインプラントができない方、外科手術が怖い方でもテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)は可能です。テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)とインプラントの大きな違いはテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)はお口の変化に応じて修理が可能であることです。インプラントの場合は残っている歯が万が一抜歯となった場合またその部位にインプラントを追加しなければなりません。その部位の骨が少なければインプラントができない場合もあります。インプラントの被せ物が壊れた場合はケースにより修理ができないことがあります。テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)は修理ができるよう設計し作製します。

インプラントは被せ物の形が清掃しにくくなる場合がありますがテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)は取り外しが可能なので残っている歯のメインテナンスがしやすいです。

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の料金(欠損状態等により異なります。)

  • リーゲルテレスコープ:100万円~
  • コーヌステレスコープ:120万円~
  • レジリエンツテレスコープ:120万円~

患者様のお口の状態により設計が変わります。

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)のことや概算を知りたい方は無料相談を行っておりますのでご予約のご連絡お待ちしております。お気軽にいらしてください。