テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)に問題点はないの?

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)に問題点はないの?

当院でお勧めしているテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)に問題点はありません!
と言いたいところですがテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)にも問題点はあります。
それは取り外しをしないといけないこと。

しかしこれはヒトによっては気にしない方もいらっしゃいます。

保険適用の部分入れ歯、インプラント、テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の問題点を
天秤にかけた場合
*保険適用の部分入れ歯はご自分の歯を揺さぶるので歯がだめになる。
*インプラントをした後にご自分の歯が抜けた場合その部位にインプラントが
 できない状態だったら?→長い目で見た場合に不安。
*テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)は歯を削って内冠を入れるけれど
 ご自分の歯をできるだけ守る設計をする。修理しながら使える。

みなさんがどのようなものを望んでいるかによって選択するものが違うと思いますが入れ歯や歯を失って迷っていらっしゃる方はよく検討して下さいね。

歯は自然治癒しないのでお口の中に入れるものは人工物になります。天然歯(ご自分の歯)とは物性が違います。
24時間365日唾液、温度差、噛む力など過酷な環境にさらされています。
この過酷な環境に耐えられご自分の歯もできるだけ守る長期にわたって修理しながら使えるのはテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)と考えます。

 

 

 

 

筆者プロフィール

著者

イーストワン歯科本八幡
東 郁子

■経歴
  • 平成6年 鶴見大学歯学部 卒業
  • 平成7年 鶴見大学付属病院研修医 修了
  • 平成7年 都内の歯科医院 勤務
  • 平成30年 イーストワン歯科本八幡 開院
■所属学会/スタディグループ
  • ●IPSG包括歯科医療研究会
  • 第2回咬合認定医コース受講 咬合認定医 取得
  • 総義歯の基礎と臨床 受講
  • 顎関節症ライブ実習コース 受講
  • パーシャルデンチャーとテレスコープシステム 理論と実習コース 受講
  • 咬合治療の臨床 受講
  • ●日本臨床歯科医学会
  • レギュラーコース 受講
  • ●顎咬合学会