歯周病で歯が抜けてインプラントをしようと考えている方へ

歯周病で歯が抜けてインプラントをしようと考えている方へ

最近歯ごたえのあるものを食べていない
出された食事の中でいつも食べられそうなものを選んでいる
お顔のしわやたるみが気になる
など
歯のことで日常生活を我慢していませんか?
当院は機能的、審美的に高品質な正統派のテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)を
ご提供しています
関心のある方、ぜひ治療をしたい方はテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の
メールやご来院頂いて無料相談を行っております。
早くお悩みを解決して楽しく快適な生活を送りましょう

 

〈歯周病で歯が抜けてインプラントをしようと考えている方へ〉

歯周病で歯を抜かざるを得ない方は色々なケースがあると思います

*すでに歯を失っていてまた歯周病で歯を抜く方
*初めて歯周病で歯を抜く方
*すでにお口の中にインプラントがあり歯周病で他の歯を抜く方
*すでに入れ歯を入れていて歯周病で歯を抜く方
など

歯周病の原因は大きく分けると主に
▼歯周病菌
▼噛み合わせ、喫煙
▼全身疾患(糖尿病など)
の3つです

歯周病が原因で歯を抜くことになってしまったのですから
まず歯周病の治療が必須です

第一に始めたいことは歯周病菌を減らすことです
インプラントもインプラント周囲炎といって
インプラント周囲の歯茎の炎症、骨の吸収が起こります
今残っている歯を残すためにまた残っている歯からの歯周病菌の影響を受けないために
まず歯周病の治療を歯科医院で行ってください
そしてご自身でのブラッシングのやり方も習っておくと良いと思います

抜く歯が1、2本の場合でインプラント治療をする場合
抜いた歯の骨の状態(多くの場合骨が吸収し高さと幅が減少します)
残っている歯の状態(健康な歯なのか神経が無い歯なのか)
インプラントの前後の歯が無くなった場合にどのような治療になるかなど
将来のことを考え診査診断が必要になります

抜く歯は1,2本だがすでに多くの歯を失っている場合
上記と同じように抜いた歯の骨の状態
残っている歯の状態
現在入れ歯を使用しているのか被せ物が多く入っているのかによって
インプラントをしない方が良いケースもあります

そして噛み合わせの診断を行い噛み合わせの力のバランスが
崩れている場合は整えることが必要です
噛み合わせのバランスが整うと噛む力もそれぞれの歯に
バランス良く伝わるためインプラントもご自分の歯も
長持ちするからです

インプラントは条件が揃えば長く機能するものですので
インプラント前の診断がとても重要です

当院では嚙み合わせの診査診断を行い治療計画をたてテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)
セラミックの被せ物を作製します(保険適用外です)

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)にご興味のある方は無料相談を行っております
ご予約お待ちしております

      イーストワン歯科本八幡    

      tel  047-369-6639

メールでご相談ご希望の方は
info@eastone-dental.com   

までお願いいたします

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)にご興味のある方は小冊子をお送りいたします。
(お名前、ご住所、お電話をお知らせください。)

筆者プロフィール

著者

イーストワン歯科本八幡
東 郁子

■経歴
  • 平成6年 鶴見大学歯学部 卒業
  • 平成7年 鶴見大学付属病院研修医 修了
  • 都内の歯科医院 勤務
  • イーストワン歯科本八幡 開院
■所属学会/スタディグループ
  • ●IPSG包括歯科医療研究会
  • 第2回咬合認定医コース受講 咬合認定医 取得
  • 総義歯の基礎と臨床 受講
  • 顎関節症ライブ実習コース 受講
  • パーシャルデンチャーとテレスコープシステム 理論と実習コース 受講
  • 咬合治療の臨床 受講
  • ●日本臨床歯科医学会
  • レギュラーコース 受講
  • ●顎咬合学会