治療終了後のメインテナンスについて

治療終了後のメインテナンスについて

 

歯科医院で被せ物や詰め物、入れ歯などを入れた後は治療が終わったらまた痛くなったら行けば良いと思っていませんか?

歯の詰め物、被せ物、入れ歯、インプラントなどはすべて人工物です。歯の被せ物、詰め物、入れ歯、インプラントなどは身体の一部を人工関節や心臓のペースメーカー、義足、義手などと同じように人工物で補っている人工臓器です。
皆さんは歯の被せ物や詰め物など抵抗なくお口の中に入れますがお口の中も身体の一部です。

人工関節や心臓のペースメーカーは体の内部に埋め込まれるため外部と遮断されますから細菌やウイルスにさらされる時間は少ないです。しかしお口の中はもともと細菌がいる場所ですから歯周病菌などの悪い細菌が増えないようにしないといけません。

被せ物や詰め物は材質により汚れが付きやすく被せ物の縁には天然歯にはない段差があります。
その場所が不潔になると溜まった汚れのなかで悪い細菌が増え毛細血管が破れ出血しやすい歯茎になります。
やぶれたところから悪い細菌が入り全身へ回りますそして思わぬ病気(糖尿病、認知症、肺炎など)と関係していきます。

また天然歯(ご自分の健康な歯)と被せ物などの人工物は硬さなどの物性が違います。噛む力はご自分の体重と同じくらいです。
その力が食事以外の立ち上ったりなど普段の動作の時も嚙み締めますので長い時間自分の体重以上の力が人工物と天然歯にかかります。
物性の異なる人工物と天然歯が長く持つよう噛み合わせのチェックを行い必要であれば調整をしないといけません。

治療が終わってからはお口の中の悪い細菌が増えないようにまた力のバランスが大きく崩れないようにメインテナンスが必要です。

定期的なメインテナンスを行うことで長くかかるような再治療が回避できたり残っている歯の寿命が延びます。

 

       

 

 

筆者プロフィール

著者

イーストワン歯科本八幡
東 郁子

■経歴
  • 平成6年 鶴見大学歯学部 卒業
  • 平成7年 鶴見大学付属病院研修医 修了
  • 平成7年 都内の歯科医院 勤務
  • 平成30年 イーストワン歯科本八幡 開院
■所属学会/スタディグループ
  • ●IPSG包括歯科医療研究会
  • 第2回咬合認定医コース受講 咬合認定医 取得
  • 総義歯の基礎と臨床 受講
  • 顎関節症ライブ実習コース 受講
  • パーシャルデンチャーとテレスコープシステム 理論と実習コース 受講
  • 咬合治療の臨床 受講
  • ●日本臨床歯科医学会
  • レギュラーコース 受講
  • ●顎咬合学会