インプラント治療を受けたい方へ

インプラント治療を受けたい方へ

最近歯ごたえのあるものを食べていない
出された食事の中でいつも食べられそうなものを選んでいる
お顔のしわやたるみが気になる
など
歯のことで日常生活を我慢していませんか?
当院は機能的、審美的に高品質な正統派のテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)を
ご提供しています
関心のある方、ぜひ治療をしたい方はテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)の
メールやご来院頂いて無料相談を行っております。
早くお悩みを解決して楽しく快適な生活を送りましょう

 

〈インプラントを受けたい方へ

歯科医院で
「悪くなった歯は抜歯しないといけません
その歯を抜歯した場合の治療は
インプラント治療か入れ歯です」
と説明を受けた方いませんか?
(歯がすべてそろっていて初めて1本歯を
抜かざるを得ないケースです)

患者様としては初めて歯を抜いた後に入れ歯は絶対いや
だからインプラント治療受けたい
と思うでしょう

そこで簡単に「ではインプラント治療うけます」
と返事をしないで下さい。

先日拝見した患者様はお口の中やレントゲン写真はお見せできませんが
お口の中すべてご自分の歯があり
左上の糸切り歯の後ろ隣の歯が
子供のころの治療で神経をとり被せ物をしているのですが
噛むと痛い症状が定期的にあり他の歯科医院で
「被せ物の中が虫歯でおそらく外したら抜歯になるでしょう
抜歯をしたらインプラント治療か入れ歯です」
と説明されたそうです

私の診断は
「前医の先生のおっしゃるようにその歯は抜かなければならない
可能性は高いです
抜いた後の治療はブリッジの被せ物、インプラント治療
 入れ歯となります」
でした

この患者様の場合は
*抜く歯の両隣が神経の生きている歯である
*ブリッジにしても両隣の歯がその負担に耐えうる確率が高い
*嚙み合わせに少し問題があり将来、矯正を希望されるかもしれない
*異常にすり減っている歯がある

ことから強くこちらからインプラント治療をお勧めするケースではないと
判断しました。
インプラント治療を選択した場合は抜く歯の両隣の歯を削らない
というメリットはあります
ただ矯正治療をする場合はインプラントは動かないので
矯正治療ができないこともあります
嚙み合わせに問題があり異常にすり減っている歯があるということは
もしかしたらインプラント治療を行った歯にも影響するかもしれません

インプラント治療を勧められたら良くメリット、デメリットを聞き
ご自身で判断できない場合はセカンドオピニオンを受けても良いでしょう

当院では嚙み合わせの診査診断を行い治療計画をたてテレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)
セラミックの被せ物を作製します(保険適用外です)

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)にご興味のある方は無料相談を行っております
ご予約お待ちしております

      イーストワン歯科本八幡    

      tel  047-369-6639

メールでご相談ご希望の方は
info@eastone-dental.com   

までお願いいたします

テレスコープ義歯(ドイツ式入れ歯)にご興味のある方は小冊子をお送りいたします。
(お名前、ご住所、お電話をお知らせください。)

筆者プロフィール

著者

イーストワン歯科本八幡
東 郁子

■経歴
  • 平成6年 鶴見大学歯学部 卒業
  • 平成7年 鶴見大学付属病院研修医 修了
  • 都内の歯科医院 勤務
  • イーストワン歯科本八幡 開院
■所属学会/スタディグループ
  • ●IPSG包括歯科医療研究会
  • 第2回咬合認定医コース受講 咬合認定医 取得
  • 総義歯の基礎と臨床 受講
  • 顎関節症ライブ実習コース 受講
  • パーシャルデンチャーとテレスコープシステム 理論と実習コース 受講
  • 咬合治療の臨床 受講
  • ●日本臨床歯科医学会
  • レギュラーコース 受講
  • ●顎咬合学会