保険の白い歯、CAD/CAM冠って良いの??

保険の白い歯、CAD/CAM冠って良いの??

歯科用のCAD/CAMシステム(被せ物を作る工程の一部をコンピューター制御の機器に置き換える一連のシステムのこと)を用いて作るハイブリッドレジンと呼ばれる材料の被せ物です。ハイブリッドレジンとはプラスチックにセラミックの粉末を混ぜた物です

 

上の図は適用できる歯の場所です。
上下の歯のオレンジ、グリーンの歯は適用です。ブルーの歯は一番奥の歯があるという条件付きで被せることができます。

保険の白い歯CAD/CAM冠のデメリット

▼割れやすい
保険の白い歯は先程もご説明したように主な材料はプラスチックです。
時間が経つとすり減り薄くなって割れます。
適用になっているブルーの歯は一番奥の歯とともにご自身の体重と同程度もしくはそれ以上に力がかかる歯です。
条件として「一番奥の歯が揃っていること」は「一番奥の歯が無いと割れやすく耐久性に劣る」ということです。
健康保険は国が決めているルールです。社会保障費が上がりすぎてこのような材料を適用しているのです。

▼汚れが付きやすい
素材がプラスチックなので家でお使いのプラスチックのお弁当箱などを思い浮かべてみて下さい。
買った当初は真っ白で輝きがあったのに使い続けると細かい傷がついて汚れも入り込んで簡単に取れない、茶色いお醤油が染みついていることはないでしょうか?プラスチックの被せ物はこれと同じなのです。歯ブラシをしても歯垢が残っていてそこから
歯周病や虫歯になってしまう危険性があります。

▼外れやすい
歯とプラスチックの接着は弱く外れやすいです。

これらのデメリットを克服している素材はセラミック、ゴールドの金属です。

 

     

 

筆者プロフィール

著者

イーストワン歯科本八幡
東 郁子

■経歴
  • 平成6年 鶴見大学歯学部 卒業
  • 平成7年 鶴見大学付属病院研修医 修了
  • 平成7年 都内の歯科医院 勤務
  • 平成30年 イーストワン歯科本八幡 開院
■所属学会/スタディグループ
  • ●IPSG包括歯科医療研究会
  • 第2回咬合認定医コース受講 咬合認定医 取得
  • 総義歯の基礎と臨床 受講
  • 顎関節症ライブ実習コース 受講
  • パーシャルデンチャーとテレスコープシステム 理論と実習コース 受講
  • 咬合治療の臨床 受講
  • ●日本臨床歯科医学会
  • レギュラーコース 受講
  • ●顎咬合学会